副業

副業が会社にバレるケースとは?副業がバレないおススメの方法を教えます。

こんにちは。ルミライズの森です。

ひょっとしてこの記事を読んでいるあなたは、副業していることが、特に会社にバレないようにしたいと思っていて、バレることを恐れているかもしれません。

政府が「働き方改革」で「本業以外に副業」を推奨しているため、徐々に本業以外の副業を推奨もしくは解禁とする企業(特に大手)が増えてきているようですね。

とはいえ、まだまだ「副業禁止」の企業の方が全体の割合を占めている印象です。

しかし、副業が禁止されていても・・・

  • 「副業しないと生活ができないからバレないようにこっそり・・・」
  • 「趣味が高じて思わぬ収入が..」

など、様々な理由があって、バレないように副業をしている方も多いのではないでしょうか。

法律では、年間20万円を超える副業で利益を得たら、確定申告をしなければいけませんが、申告することで会社に副業がバレるという噂も聞きますよね。

もし、あなたが、副業が会社にバレることを恐れていて、職場に副業がバレないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか。今回はそんなテーマでお伝えしていきます。

今何かしら副業をしたい場合、今回の記事は必ずお読みください。本質は、バレるバレないの問題でもないので・・・

なんで副業が会社にバレるの?

いくら法律て副業をすることが禁止されていないと言っても、やっぱり副業していることが会社にバレるのは、どうしても後ろめたい気持ちがありますよね。多くの人が、面倒臭いと思います(笑)

こういった感情的な理由で、会社には言わずにバレないようにこっそりと副業をしている方もいるかと思いますが、何も対策をしないと、もしかしたら副業が会社にバレる可能性があります。

まず、なぜ副業が会社にバレるのか、その原因について知ることがポイントです♡

住民税からバレる

恐らくあなたも、”住民税から会社に副業がバレるらしい”ということを聞いたことがある方は多いと思います。

まず住民税って、少し真面目に言うと、あなたが、都道府県から身近な市町村の地方自治体が教育、福祉、防災、ゴミ処理などの行政サービスを行うために、住民から徴収している税金です。

殆どの場合、会社経由でその住民税を支払っていると思います。ここで、一つ覚えておいて欲しいのは、あなたの毎月の給料から住民税を引かれて、それを会社が代わりに納付するという仕組みを「特別徴収」といいます。

もちろん、住民税の納税額は、あなたの所得によって決まりますので、もしあなたがバレないように副業をしていたとしても、住民税が課税されることになります。

だって、支払った給料は一緒なのに、住民税の額が前年度に比べて増えると・・・、会社に給料以外の副収入があることが、会社にバレる可能性があるわけですね(^^;

無申告からバレる

ここで、副業が会社にバレたくない人の中で、逆に・・・

副業分の確定申告をせず黙っていれば、会社に副業がバレることはないのでは?とお考えになる方もいるかもしれません。

しかし、これは「脱税」にあたり、立派な犯罪なので、もっとまずい状態です。ちなみに、無申告が税務署から指摘されると無申告が罰則なり、追加の課税(追徴課税)が課されるケースがあります。

さらに、その追徴課税で膨らんだ税金がもし支払えなと、給与口座が差し止められることもあり、副業がバレるバレない所ではなくなってしまいます。さらに、住民税が上がると、会社に副業がバレるだけでなく、脱税したことまでバレる恐れがあります。

マイナンバーから副業がバレる?

もしかしたら、あなたは、2016年1月から開始されたマイナンバー制度によって「副業が会社にバレてしまうのでは?」と恐れているかもしれません。

マイナンバー制度は、

  1. 会社保障
  2. 災害対策

の3分野で、今までバラバラになっていた個人の情報を集約するための整理番号で、利便性を高め、面倒くさい登録を効率化する社会制度ですが、いまいちそれが何なのか?わからない人も多いはずです。

そして、集められた個人の情報は、手続き関連で、国や地方公共団体、銀行などの金融機関へ提供されますが、法令で定められた目的以外にマイナンバーを利用することは許されていません。

ですので、”あなたが副業しているかしていないかの情報が、マイナンバーを通じてあなたの会社に流れる”ことは起こらず、マイナンバー制度が原因となって副業が会社にバレるのは、ネット情報の噂なので、知っておいて下さい。

リスクオフ!副業していることが会社にバレるリスクをおさえる方法とは?


あなたには、申し訳ないかもしれませんが・・・

副業が絶対に会社にバレない方法はありませんし、逆に、バレることが悪でもありません。

このセクションで紹介する方法は、副業がバレるのが面倒臭いあなたのために、バレる確率を少しでも抑えるためのワンポイントアドバイスをしたいと思います。

一先ず、副業で得た利益は確定申告しよう

あなたが副業していることを会社にバレたくないと思って、無申告をすることは、脱税です。バレたくない一心で副業を隠すために、副業以外に脱税も会社にバレてしまっては元も子もありません。

というより、懲戒処分の可能性が高かまるでしょう(苦)

バレるバレないの以前に、副業で得た利益が20万円を超える方は、無条件で確定申告を行うようにしましょう。

住民税を普通徴収にしよう

副業がバレるケースとして挙げられるのは、住民税から会社に副業がバレてしまうケースです。住民税からバレることを防ぐには、住民税を特別徴収ではなく、「普通徴収」にすることが有効的です。

”普通徴収”とは、副業で得た収入を会社じゃなくて、自分で納税することができます。ここからがポイントですが、あなたが確定申告をする時に、「住民税に関する事項」の「住民税徴収方法の選択」項目で「自分で納付」にチェックを入れることで、会社を通さない経理ができるようになります。

普通徴収にすると、当然、自分で確定申告をしないといけなくなるので、多少、会計知識があると最高です。もし、難しければ月5000~6000円くらい払って専門知識のある人に記帳だけでも依頼してよいでしょう。

あと、ここで注意点なのが、あなたが行う副業がバイトの場合、給与所得扱いになるので、特別徴収になってしまうので注意してください。また、管轄の税務署によっては普通徴収にすることができないケースもあるようなので、副業がバイトの人は、一応聞いてみてください。

平日に忙しい会社員やOLの方は、管轄の税務署に、最初に電話で聞いてみるのが一番早いです。ネットの情報は曖昧なので・・・

副業をしていることを周りに言わない

もし、あなたが、これから副業をしようと考えていたり、既に副業をして収入を得ているのであれば・・・、当然、副業していることをしゃべらないことが大切です。

会社の飲み会等で、酔った勢いでついしゃべってしまう時があるかもしれませんが、真面目に働いている人から後ろめたい目で見られるし、そういうのが面倒臭いと思います。

感情的な理由以外にも、ストレス社会ですから上司に告げ口されて、副業できなくなることだってあるでしょう。少しでもリスクを抑えるアクションを取ることですよね。

噂話とは怖いものです・・・(笑)一応、この辺で、副業が会社にバレる確率を下げるためのポイントをまとめておきたいと思います。どんなに忙しくても、ここだけは読んでおいて下さいね。
  • 年間の副収入が既に20万円以上の場合、確定申告をする
  • 住民税の欄で「自分で納付」にチェックをつけることを忘れない(普通徴収)
  • 確定申告が不要だとしても、住民税の申告はすること
  • 副業が会社にバレるリスクは100%おさえられない
  • 副業していることを職場の同僚にしゃべらない
  • ネットビジネスの場合は、名前や顔をネット上でに出さない

もう一度確認ですが、ここまでの対策をしても、100%副業が会社にバレないようにするのは難しいので、可能であれば、就業規則を確認して、副業の許可を会社にとることをおススメしておきます。

まとめ。副業がバレるバレないより大事なことがあります。

ここまでいかがだったでしょうか。今の時代、あなたが、副業をするメリットは十分にあると思いますが、その一方で、会社に副業がバレたくない気持ちの人は沢山いるでしょう。

今回お伝えしたこと以外でも、油断して副業している所を目撃されたりする場合があるし、あらゆる形で副業をしていることがバレる可能性は十分にあります。そこで、就業規則的に問題がなければ堂々と副業をしてみるのが一番気持ちが楽になるかもしれません。

そして、それを上司に相談して、副業したい理由を正直に相談してみること、これも大事だと思います。

また、副業がバレたくない気持ちが強い場合間違っても無申告をしてはいけないです。仕事ができる人って副収入が本業の収入を上回ったとしても会社の社会的信用欲しさに、ついつい会社にずっと居座るケースもあります。

価値観は、人それぞれですが、バレるバレないの問題の前に考えるべきことは沢山あると思うので、あなたも今回の記事をきっかけに冷静になって考えて欲しいと思います。

副業について知識を深めたら是非、メルマガにもご登録下さい。メルマガでは、ブログよりさらに役にたつ情報を配信しています。