NAS

無在庫の販売(転売)だけで、月211万利益を上げれた簡単な方法とは?

こんにちは、ルミライズの森です。

この記事を読んでいるあなたは、恐らく「無在庫の販売で利益を上げたい!」と考えているのではないでしょうか?

有在庫での転売ですと、やはり不良在庫を抱える不安が常にありますが、無在庫で転売を行える環境をつくることができえば、そんな不安から解放されます。

ただし、無在庫の販売はそのようなリスクが少ないとはいえ、自己流のやり方や中途半端な知識でやると失敗する可能性が高くなります。どんな世界でも、失敗する人はそういった傾向が高いので、最後まで読んでみることをおすすめします。

こちらの記事では、無在庫の販売(転売)だけで、月200万近く利益を上げた簡単な方法をお伝えしてゆきます。また、無在庫で転売する時にどんな商品が売れやすいか?などもお伝えしております^^

目次

無在庫の販売(転売)をするメリットは沢山ある

1、商材が売れてから仕入れるので在庫を抱えなくてよい

商品を販売する時は、まず商材を仕入れる必要がありますが、無在庫では商材が売れてから仕入れるので、在庫をかかえる心配がないです。そのため、無在庫なら初心者でも気軽に転売を始めることが可能となります。

やはり、在庫をかかえての販売は、本当に商品が売れるかわからないですし、もし売れなければ家中に在庫の山ができてしまい、生活に支障が出たり家族に迷惑をかけることになるでしょう。でも、無在庫での販売ならそんなことで悩む心配は一切ありません。

在庫を持たないことで始めたいときに始められて、辞めたいときに辞められるのが無在庫で販売する時の大きなメリットですね!

2、在庫をかかえなくてよいので精神的に楽

在庫をかかえるということは、万が一商材が売れなかった場合は赤字になる可能性あるので、精神的にキツイし資金面でも苦しくなる原因かと思います。しかし、無在庫の販売の場合は、少なくとも売れ残りで大きな赤字になることは一切ありません。

しかも、在庫をかかえないから精神的にも楽な状態で無在庫の販売ができます。やはり心と体にも余裕ができるのは、無在庫の販売をするメリットと言えるでしょう。私の経験上ですが、やって損はないと思います。

特に転売初心者の方は、そんなリスクを感じて一歩踏み出すことができないと思うので、まずは無在庫での販売からはじめてみるとよいでしょう。

3、無在庫ならメルカリの転売のように自己発送しなくてもよい

例えば、転売で自己発送する人がいますが、梱包も含めて発送作業に手間がかかります。商品数が少ないうちは良いですが、どんどん商品が増えてゆくと時間や手間が掛かりどんどん忙しくなります。

また、転売では仕入れをする時間も必要ですし、商品情報も知る必要があるでしょう。また、プライベートの時間がまったく無くなれば、家族や恋人から白い目で見られたり…

そこで時間を使い過ぎてしまえば、立ち行かなくなるのは間違いないです。失敗する人の多くは、すべて1人でやってしまっているからだと私は感じています。

逆に無在庫の販売で自己発送もしなければ、不良在庫のリスクもなくなり、さらに時間に余裕を持つことができるようになります。

在庫を持たず発送の作業もしない無在庫販売の仕組みを作ることができたら、こんな素晴らしい方法はないと思いませんか?

森が短期間で利益を出せて、さらに黒字にできたのは、無在庫の販売でさらに自己発送をせず、時間を作ることができたからでしょう。これからショップをはじめようとお考えの方は、ぜひ同じ方法で運営してみることをおすすめします。

落とし穴!実は、無在庫の転売(販売)にはリスクやデメリットもある

1、ECプラットホームの規制が入りやすい

もちろん、無在庫の販売にはデメリットの部分もあります。ここからは、メルカリを例に規制に入りやすいデメリットを分かりやすく説明したいと思います。

売り上げも期待できますが、無在庫の販売の場合は、どうしてもECプラットホームの規制が入りやすくなる傾向があります。

下記の画像は、メルカリでの無在庫の販売で「商品削除のお知らせ」のメッセージが届いたときの内容です。

このように、些細なことで出品が削除されたりしますし、場合によっては強制退会をされる可能性もあるわけです。まだ、商品削除だけで済んだのはマシな方と言えます。恐らく、何度も違反してしまうと強制退会もあると思います。

これはさすがに対応が酷いのでは?と思う人のいるかもしれません。ただ、あれだけの集客力のある場所を、ほぼ無料で提供してもらっている以上、私たちは文句は言えません。プラットフォームの規制には従うしかないのですね。

そのため、ECプラットホームを使って無在庫で販売する時は、規約をしっかり読んでから行うことをおススメします。上のメールを見ると画像の使い方などの対策は必要になるかと思います。

2、場合によって配送の遅れが生じやすい

例えば、商品が中国からの発送となった場合、お客様の手元に商品が到着するのが早くても7日間かかることがあります。もっと時間がかかると20日間かかる場合もあります。これは無在庫での販売のデメリットと言えるでしょう。

やはり、商品が届かないとお客様からクレームが来る場合もあります。そのため、前もって「発送にお時間がかかります」と伝えておく必要があるでしょう。

最初に伝えておかないとクレームの元になるので注意しましょう。

3、売れたけど、仕入れられなくて評価やレビューが下がる

無在庫での販売では、商品が売れても在庫切れで仕入れができない…といったことが起こる場合があります。そうなってしまうと、もちろん収益も含めて、評価やレビューが下がりやすくなります。

森も経験がありまして、無在庫の転売を始めたばかりの頃、せっかく売れても在庫切れで仕入れができなくてキャンセルになったことがあります。

例えば、下記の商品の赤く囲んだ部分は在庫数なのですが、在庫が2件となっていたので仕入れようとしたら、在切れだったということが頻繁にありました。

タイムラグがあったり、お店の人が忘れているのかもしれませんが、とくに海外ではこういったことは日常茶飯事です。笑

無在庫の販売での一番の悩みは「在庫切れ」の問題で、これには私も悩まされました。ただし、あることを実行することで在庫切れを防ぐことが可能なので、今は在庫切れで悩む心配はなくなりました。

無在庫での販売についてのデメリットを理解すれば、対処や準備ができるようになります。一番気を付けたいのは表面だけ見て判断することですね。

メリットとデメリットわかった所で、無在庫の転売(販売)はやるべき?

私の実績の証拠画像を見ておわかりいただけたと思いますが、無在庫の販売でしっかり稼ぐことは可能です。ここで、もう一度メリットとデメリットをまとめます。

メリットとは?

  • 在庫をかかえなくてもよい
  • 在庫をかかえなくていいので精神的に楽
  • 自己発送がないから出品作業に時間を使える

デメリットとは?

  • ECプラットホームの規制が入りやすい
  • 配送の遅れが生じやすい
  • 在庫切れで仕入れられなくて評価やレビューが下がる

デメリットもあるのも事実ですが、私としてはメリットの方が大きいと思います。後はECプラットフォーム次第ですかね。

メリットとデメリットを理解したところで、安心して無在庫の転売(販売)ができるようになります。次はどんな商品が無在庫の転売で売れやすいか?を教えますね^^

どんな商品が無在庫の転売で売れやすいか?

1、パーティドレス

私のショップで一番、売れた商品になります。本当はあまり公表はしたくありませんでしたが、今回は特別に、これから無在庫での販売を頑張るあなたに特別に教えますね!

2、パーティミニドレス

こちらの商品も意外と売れやすい商品です。アパレル関係は、日本ではあまり無いデザインのものが売れたりもしますね。

3、大人なワンピース

「SOLD OUT」にしないと発注が間に合わないほど人気の商品です。笑

日本にあまりないデザインが、売れたりするのでおすすめですが、ただ自分の直感などで選ばずに実際に売れてる商品をリサーチすることが一番です。

実際の所、どんなやり方があるか?いくつか紹介します♡

Amazonから仕入れて、メルカリで無在庫の転売(販売)をする例

Amazonで仕入れた商品を、無在庫でメルカリに転売するためには、まずはAmazonで出品する商品を探します。

「お呼ばれレディースファッション」で検索して仕入れる商品を探したいと思います。

仕入れをする商品を見つけたら、念のためお問い合わせで在庫確認をしておくと良いです。理由は、無在庫なので売ってから在庫がないと困るからです。在庫が確認できたら、メルカリに出品するだけで、後は先ほどもお伝えしましたがメルカリに出品するときは、規約に注意して出品することをおすすめします。

仕入れの手順

  1. Amazonで仕入れる商品を探す
  2. 在庫確認
  3. メルカリに出品

メルカリで売れた商品を発送するときの注意点

アマゾンが発送する商品は絶対に購入しない

商品ページの購入ボタンの右上に「この商品は株式会社◎◎が発送します」と記載されていればOKですが、アマゾンの倉庫から発送される場合、Amazonのマークがついた段ボールに入れられて送られるのでまずいです。

納品書を入れない

Amazonで商品を購入すると納品書(領収書)が商品と一緒に入っています。メルカリではアマゾンで販売されている価格よりも高く売ることになるので、メルカリでの購入額と(Amazonの)領収書を見た人からクレームが来る可能性があります。そのため、商品には納品書を同封しないように、アマゾンの商品購入画面の取引メッセージに「プレゼント用なので納品書を入れないで下さい」と記載しましょう!

この2つの注意点を気を付けておけば、特に大きな問題はなくなるでしょう。

中国輸入をして、ヤフオクで無在庫の販売(転売)をする例

中国輸入をする仕入れ先は、

  • 淘宝(タオバオ)
  • 阿里巴巴(アリハバ)

この2つから商品を輸入します。

Amazon仕入れより難しく感じるかもしれませんが、中国語がわからなくても代行業者さんを使えば簡単に行えます。海外仕入れの無在庫の販売も、仕入れから販売までの流れを掴むことができれば、誰でもできますよ^^

例えば、タオバオで上記の商品を仕入れるとします。最初は仕入れる前に在庫確認をして、OKであればヤフオクに出品します。

仕入れの手順

  1. タオバオ・アリハバで仕入れる
  2. 在庫確認
  3. ヤフオクに出品

この手順になります。あとは、この流れを繰り返してゆけば効率は上がってくるし、コツもつかむことができます。

また、失敗しても私のような中国輸入をしている先輩などに相談して、アドバイスを受けながらやってゆけば、すぐに結果を出すことはできますね^^

それと、中国輸入に関する記事も詳しく書いているので、お時間ある時に、お読みください☆彡

森のお勧めは、中国輸入をして、ネットショップで無在庫の販売(転売)をする方法

森は中国輸入をして、ネットショップは無料で使えるBASEで無在庫の(転売)をしています。中国輸入ですが、この方法なら本当に簡単です。

先ほどもお伝えしましたが、仕入れ先は、

  • 淘宝(タオバオ)
  • 阿里巴巴(アリハバ)

この2つから商品を仕入れます。

無在庫の販売で、売れやすい商品を探す方法としては、淘宝(タオバオ)や阿里巴巴(アリハバ)で商品を探すのではなく、日本で売れている商品からリサーチします。やり方は簡単です。

赤く囲んだ画像を一度、保存します。

次のステップでタオバオの写真の検索機能を使って、保存した画像で商品の検索をします。

こんな感じに、画像で商品を検索が出来ます。後は、値段の安い商品をメモして代行業者に確認をしてもらい在庫があれば出品します。

ここまでのおさらいをしますと、

  1.  日本で売れている商品を探す
  2.  商品の画像を保存してタオバオ・アリハバで画像検索
  3.  値段の安い商品を見つけて代行業者に在庫を確認してもらう
  4.  在庫に問題がなければ出品

こんな感じの流れで販売を行えば、無在庫は成功するでしょう。後は、流れが出来たらリサーチして在庫確認して出品を繰り返すだけの簡単な作業です。

最初はわからないことも多いかと思いますが、手順さえ覚えれば誰でも簡単に出来るビジネスなのでやって損はないですね!万が一失敗したとしても無在庫で販売するので、ダメージが軽く済みますからね。

無在庫の販売(転売)で成功する為に必ず気を付けたいこと

1、ECプラットホームの規約に問題無いか

ここはとても大事なので、繰り返しになりますが、ECプラットホームの規約に問題がないか確認する必要があります。確認せずに出品すると商品が削除されたり、場合によっては強制退会もありえます。

もし、あなたのショップで商品が月に50万円売れていたとしても、規約違反をして強制退会を食らえば、その日から収入が0円になってしまいます。事業の生命線を絶たれてしまい、会社なら倒産の危機ですし、個人なら破産することにもなりかねないので、しっかり対策はしておきましょう。

2、配送インフラが整っているか(遅れが生じないか)

無在庫で販売をする時に問題となるのは、やはり商品の到着が大幅に遅れることです。特に海外はルーズな部分もあるので、日本の感覚でやっていると、とんでもない時間が掛かることがあります。そのため、配送インフラについての対策も必要になってきます。

例えば、対応が良い代行業者を探しておくことなどが重要で、現地に精通しているスタッフがいれば、いろいろな相談もできるし、時にはアドバイスをしてくれることもあります。無在庫だからこそ商品を販売する上で、やはりインフラは生命線となります。

また、売れたらすぐに発送が出来るように、定期的に在庫確認をしておくことも重要です。やはり、売れたらすぐに発送が出来る体制にしておいた方がよいです。

3、手数料や配送料などを確り計算に入れているか

無在庫を使った販売でも、手数料と配送料は馬鹿にならないので、しっかり計算しておく必要があります。仕入れの金額だけでなく、手数料や配送料を出品前に計算しておくと、利益率なども正確に出せるので、気付いたら赤字だった..といったことになる心配がありません。

エクセルで計算表を作っておくと、便利ですので活用すると良いです。また、管理も楽になるので後でごちゃごちゃになったりして困ることがなくなります。

この3点を気を気を付ければ、安心して無在庫の販売は可能になります。後は流れを覚えて利益を出すだけですよ!

まとめ

有在庫は、まず仕入れ資金の準備が必要ですが、無在庫なら販売後の仕入れなので、あまり資金がない方でもリスクがなく始めやすいです。

一般的な転売のスタイルと違うので、不安や疑問があるかもしれませんが、実際にはじめてみてわかったのは、無在庫での販売はとても魅力のあるビジネススタイルと言えるし、誰にでもチャンスがあるなぁということです。

もちろん、デメリット対策や勉強も必要となりますが、それをやるだけの大きなリターンはあると思っています。そして、そのためには正しい方法で出来る環境も大事だと思うので、自分の感覚でやらずに上手くいっている人のやり方を真似してみてくださいね!

とはいえ、無在庫の販売(転売)の仕組みを作るには、物流の仕組みを使うのが一番です。ルミライズでは、NASという無在庫の仕組みを作れるので一応知っておいて下さい♡おススメです。