プロフィール

森胡桃のプロフィール概略

勉強して資格を取れば将来安泰?

“勉強して資格をとれば将来安泰”学生時代の私は、恐らく安易にこんなことを考えていたかもしれません。でも、大学院卒業後、実際に社会に出てみて思ったのは・・・

いかに多様な価値観を受け入れるか?「あ~この人無理だな」と思った人でも受け入れて付き合えるか?そういうコミュニケーションやディスカッションの能力が必要だと痛感した半面・・・、ずっと大学院で研究する日々を送っていたせいもあり、

もっと違う世界を見てみたい!こんな風に思ったりもしましたし、公務員を辞職後は、興味のあったアパレルショップで働いてみたりしました。だけど、現実的にお金も大事だななんて思ったりして、私の20代はトライ&エラーを繰り返す日々を楽しむかのような生活を送ってたように感じます。

時の流れに身を任せて、今が楽しければよいと思えば、突然、真面目に転職でもするかっ⤴と思ったり、実は、今のネットショップの販売もうまくいけばいいや~、自分のブランドとか持てたらいいな~程度で何となく興味本意で挑戦してみた記憶があります。

公務員時代の10倍。まさか私がこんな風になるとは・・・

ビジネスパートナーとお茶をしながらよく口ずさむのは、「わたし本当に人生変わりましたので」「まさかこんな風になるとは思いませんでした」と懐かしみながらおしゃべりをすることがあります。

あ~2017年末、あの時、わたしはバイト生活だったのに~と。極端な話、いまの給料の2倍貰えるだけでもあなたは普通に嬉しいですよね?だけど、私が出した成果は、裕に10倍でした。これは、世間で言うボーナス4回分と言ったところでしょうか…!! 飛び跳ねるほど嬉しかったことを覚えています。

そこそこの実践者であれば、月収100万円がせいぜいかもしれないけど、その2倍を達成できたことに対して、客観的に自己分析をしてみると、”お店の雰囲気作り”がよかったと思っています。これには要因が色々あると思うのですが、BASEとInstagramでお店をもつ以上、女の子がターゲットになるケースが多いので、見た瞬間惹き込む魅力がとても重要ですから。

Instagramの可能性は個人の可能性になってきています

2017年の流行語に「インスタ映え」という言葉が流行ってから、Instagramを使って自分だけのビジネスを持ったり、ブランディングに役立てる個人が増えてきているように感じています。そして、2018年に入ると、個人がInstagramでビジネスをする人が増えてきて、主に物販で大きく稼ぐ方が増えてきている印象です。

また、Instagramは、インフルセンサー向けに「ショッピング機能(Shop Now)」を提供しはじめ、購買に貢献する意欲を見せています。Instagramと物販はますます相性がよくなってきているので、あなたもぜひファン獲得に向けて早め早めに動いてみるとよいでしょう。

私もその波に乗れた一人ですが、私が実践している売り方は、プラットホームに依存した販売でなく、ファンマーケティングなので、半永久的に稼ぐことができる可能性を秘めています。ファンは新商品が出るたびに飛びつき、割高でも購買をする傾向にあります。

”Instagramという一つの武器を持って、自分のお店をもつ”これが、あなたのステータスになり得るのでぜひ気にかけてみるとよいと思います。

事実、私も大幅に収入をあげて、女性だけど男性に負けない収入を得ることができ、自分だけの強みと自信を築き上げることができました。

是非、あなたにもそうなって欲しいので、ルミライズを通じてあなたの何かが変われることを願っています。